『「うまく」「はやく」書ける文章術』の書評とポイントまとめ!

こんにちは、しみしょーです。

今回の記事はこんな方におすすめ。

  • ★何か発信したい!!
  • ★ブログやってみたい!!
  • SNSを有意義に使いたい!

せっかく個人で発信できる時代ですから、何か自分でしてみたいですよね。

僕もその1人です。

ただ、最近2つの壁に気付きました

そもそも何書いていいか分からない

うまく書けない、伝わる文章にならない

僕もブログを書くのに結構時間がかかっていてそれがなやみです。

そこで色々とブログ本を読みました。
その中でこれは!と思う1冊をここで紹介します。

『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』山口拓郎(2017 日本実業出版社)

ではさっそく内容とポイントをチェックしていきましょう!

『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』の概要をチェック!

「うまく」「はやく」文章を書くコツを、いくつかの章に分けて紹介されています。

1章は情報整理

2,3章は文のネタ探し。

4,5章で文章の準備とフォーマットが取り上げられています。

6章では番外編として、SNSでの文章術が考察されています。

最後の7章では推敲のやり方が書かれています。

『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』のポイント紹介!

ここからは、本書のポイントをご紹介します!

ここでは、以下の点を取り上げます。

  • うまい文章とは?
  • カテゴリの発想法
  • はやく書くためのフォーマット

ポイント①うまい文章って、なんだろう??

f:id:agu-agu:20180418234320j:plain

この本のタイトルにもなっている、「うまい」文章。

あなたにとっての「うまい」文章とは、何でしょうか??

思わずクスッときてしまう??

最後まで読んでもらえる??

僕はしっかり相手に伝わる文かなと思っていました。

この本の回答はこちら。

本書では、「うまい文章」とは、「目的を達成できる文章」だと定義します。

むむ。僕は思わずうなってしまいました。

続いて、その見開きページのPOINTから引用します。

今までに出合った「うまい」文章を思い出してみてください。その文章には明確な「目的」が隠れていたはずです。

これには納得でした。

いくら相手に伝わっても、読者に行動してもらわないと意味がありません

文章を書く前からもう勝負は始まっていたのでした

これ実は最初の12ページ目なんです。いきなりいいジャブをもらいました。

ポイント②書く内容に困ったら。カテゴリの棚卸し方法

目的を意識して文章を書こう!

これで心構えはばっちりです。

でも、まだ書く中身が定まっていきません。
次に俗にいう「マンダラ(目標達成)チャート」という方法が紹介されています。

このシートをブログにも応用できるようです

僕も本に沿ってやってみました。

真ん中には、自分の社会的身分(?)の「大学やめた専門学生」といれました。

f:id:agu-agu:20180418233509p:plain

そして、おもいつくカテゴリーを入れていきます。

f:id:agu-agu:20180418233948p:plain

なんか、ちょっと見えてきました。

実は先日まで、このブログはタイトルに「」っていれてなかったんですね。

「しみしょーのもがき」というタイトルで最初はやってました。
が、これを書いていたら、「本・人」というキーワードが見えてきました。

(実際はA4の紙でやってます。紙をおすすめします)

それで、ちょっと方針を変更して、今に至ります。

マンダラが自分の書きたいことの整理にとても良かったです

ちなみに、本についてはもう少し深堀りしましたので、載せておきます。

f:id:agu-agu:20180418234246p:plain

ポイント③フォーマットを使えば速く書ける!!

書く内容も決まって、速さが欲しくなってきました

f:id:agu-agu:20180418235356j:plain

そこで役に立つのが第5章の「文章あてはめフォーマット術」。

ここでは、「結論優先」「物語」「主張」「列挙」…など、いくつかの型を学べます。

そして、記事・文章ごとにあった型を適用すればいいという訳です

今回は、「列挙」の型を意識して記事を書いています。

具体的には、

①全体像

②列挙A③列挙B④列挙C

⑤まとめ

という流れですね。

これを知って、文章を書く時に、どのフォーマットなら一番「うまく」伝わるかな、と考えるようになりました。

まだ不慣れなので、劇的に時間が減ったわけではありません。

ですが、型があると途中で良く分からなくなるのを防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまで、『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』についてお届けしてきました。

今回の本で学んだことはこんな感じです。

  • うまい文章」=目的を意識して書く!!
  • 内容はマンダラで深掘りして、どんどん広げる
  • はやく」書くにはフォーマット!!

また、SNSの文章術がとても勉強になりました

ブログはなんとなく始めたのですが、いざやってみると色々な勉強になります。
文章もそうだし、ネットにも多少詳しくなります。

タイピングもまた少し早くなりました。

なんでもやってみるもんだなと思いました。

マンダラ書いてたらやりたいことが止まらなくなったので、これから楽しみです。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です