【書評】意識高い系メンヘラ女子の就活と、エスケープ。でも終わりじゃない。『傷口から人生』

こんにちは、しみしょーです。

高校・大学時代の同期と会うと、最近はよく就活の話をします。

やっぱりみんな思うこと、たくさんあるみたいですね。

辛い思いをしている人も多くいます。

そんな時、救われるのは体験談なんじゃないかと僕は思ってます。
僕自身大学をやめるときは多くの体験談をネットで読みました。

体験ってやっぱりどんなアドバイスより参考になります。

ということで今回はエッセイです!

就活でパニック障害になり旅に出ちゃった著者の渾身の一作、紹介していきます!

 

 

『傷口から人生』はこんな本

小さいころから自傷を繰り返し、家族とはうまくいかない。
大学時代は仮面浪人、キャバクラでバイトに明け暮れて…

そのあと、努力して最強の経歴を作り上げる(インターン・TOEIC高得点など)が、就活に失敗
原因はパニック障害だ、と診断される。

そんな中、ふと思い立ってスペインの巡礼路を歩くことに。

その間に気付いたこと、考えたこととは。
はちゃめちゃで苦労の多い人生を送ってきた著者のデビュー作となるエッセイ。

背伸びしすぎた代償。就活の失敗

f:id:agu-agu:20180416074827j:plain

前述のとおり、著者は就活でパニック障害になってしまいます。
ご自身でその原因を考察されてます。その中から一部を紹介します。

 

私は本来、人に合わせるのなんて、全然、得意じゃない。(中略)

何をやるにしたって、人の倍ぐらい時間がかかる。

でも、それじゃあ就活で内定をもらえない。

そう思っていたから、私はあんなにも無理してきた

きびきびと、人と足並み揃えて、協調できる私。空気の読める私。人より先に、考えて、答えを出せる私。

そうやって、空気の人形みたいに、理想の私を作り上げて、それで勝負しようとしていた。

でも、それは、ウソなのだ

(p40 太字は引用者)

 

大学生時代の著者はかなりアクティブ。
飲み会ではキラキラとした笑顔を振りまき、行く先々で新しい人と繋がれる。

 

SNSでは仲間も多い。英語もできて、留学経験もある。
でも、それは本当の自分ではなかった。

 

私は就活が嫌だったから、続けられなくなったんじゃなかったんだ。

うまくいかなかったのは、社会とか、システムのせいじゃない。

ただ、私自身が私にウソをついていたからだ。

私は天才的なウソつきになろうとしていた。自分に対する、天才的なウソつきに。

自分の本当の気持ちを抑えて、思ってもないことを言う。

それは自分をゆっくり殺してるんじゃないかと僕は思います。

 

自分のまっすぐな気持ちに従えたら、いい人生が送れる気がします。

あなたはどうですか。

 

「大人は感情を抑えるべき」は本当か?エスケープの果てに思うこと

感情は抑えるべきか?

f:id:agu-agu:20180416074606j:plain

著者は就活をあきらめ、スペインで巡礼の旅に出ます。

様々な人と出会い、話をしたそう。

そんな巡礼中には、感情を爆発させる人を目にすることが少なくなかったとか。

  • 号泣する人
  • 酔っ払い
  • 殴り合うカップル…

その中の、ヘイガーという人の言葉をここでは紹介します。

たとえば、人がぎゅうぎゅう詰めの地下鉄や、モノがいっぱいに溢れて押しつぶされそうな大都会で、自分の感情と落ち着いて向き合うのは難しい。(中略)

そのうち、自分の感情を否定しはじめる。(p78)

 

彼らは、祖国で抱えている思いを開放させ、それと向き合うために、巡礼をする。

そんな中で出てきた彼の結論を引用します。(マーカーは引用者より)

 

この道中、俺は度々大声で泣いたし、恥ずかしいけれど、怒りをぶつけたこともある。

でも、大丈夫なんだ。

それが心の奥底からの本当の感情なら、必ず誰かが受け止めてくれる。

それに、そうしてみて、思うんだ。

自分の国で、出さないように抑えていた感情は、本当に我慢すべきものだったんだろうかって  (p78)

 

これを読んで、あなたはどうおもいますか?

僕は、すごく共感しました。

 

僕の場合。メキシコ人ワーカーに学んだこと

というのも、僕もアメリカで似たような経験をしたからです。

(僕の簡単な経歴はこちら↓)

【3分で読める】ブログ:ライフライト企画のコンテンツ紹介!

農業研修という形で15ヶ月間農家にいたのですが、そこではよく感情を爆発させました。
日本人1人だったというのが大きい理由ですね。

ただそれよりも、メキシコ人ワーカーに影響されたことが多かったです。
あの人たちは本当に喜怒哀楽が激しいんですよ。

いつも陽気に仕事をして、時々うまくサボる。
理不尽には声を大にして怒り、辛いときは皆で励まし合う。
一緒に働くうちに、僕も次第に感情を出すようになり、楽しく働くことができました。

溶け込みすぎて、外部のメキシコ人に同郷だと思われたこともあります😓
で、その時と日本にいた時の自分を比べると思うことがあるわけです。

「アメリカ時代の方が人間らしい暮らしをしていたんじゃないか?」
それは、多分先のヘイガーの言葉が答えです。

こんなひとにおすすめ

  • 周りに合わせるのがしんどい人
  • 就活生
  • 海外経験のある人
  • 旅好き

評価 総合…★★★★★★★★★☆(9点)

読みやすさ…★★☆

面白さ…★★★

ためになるか…★★

好み…★★

 

あとがき

人間ってほんとは一括りにはできないはず。 でも就活ってそうじゃないって感じる人も多いですよね。

乗り切るのは、いい意味で突き抜けるか、うまく溶け込むかだと僕は思ってます。
(僕は大学中退ですがインターン3ヵ月の経験があります)

それに乗れない人はふるい落とされてしまう

 

じゃあその人はもうダメかっていうとそんなことないですよね。

著者はその好例だと思います。
人と違う苦労や経験をしてる人って、人間的な深み、厚みが違う。

苦労した人にしか分からないことって絶対にあるんですよ。

 

僕も深みのあるそんな1人でいたい。

色々な人と認め合いながら生きていきたい。

そんなことを読んで考えました。
ぜひ、共感するところがある人はこの本を読んでみてください。

「あ、自分だけじゃないんだな」そう思えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です