計画性がない?計画性ゼロの人間が、「計画」の分析とその徹底対策を考えたよ

こんにちは、しみしょーです。

今、僕は1人で大反省中です。

 

というのも、飲み会を僕の計画性のなさでキャンセルすることになってしまったから。

自分への戒めを兼ねて、これの根っこにある問題について書きたいと思います。

 

テーマ:計画性がないのはなぜ?どうすればいい?

 

この記事は、

  • 計画性がなさすぎてつらい
  • 計画性がなさすぎてお金がない
  • 計画性がなさすぎて人に迷惑をかけている自覚がある

 

そんなあなたにオススメの記事になってます!

 

真剣に考えましたので、どうぞお付き合いください。

 

わたしに計画性がないのはなぜ?何が困るのか?

では、早速いきましょう。

はじめに、

①なぜ計画性のない人間になってしまったか

②何が困るかについて

検証します!!

検証①なぜ計画性がないのか??

f:id:agu-agu:20180530075637j:plain

生まれつきでしょう。(確信)

僕の場合、これまでの人生を振り返って、計画的にやってきたことがまずないです。

思いつくだけでも、

  • 大学の学科は就職を考えず決める
  • 大学を2年休学してアメリカにいく
  • その決断は深夜テンション
  • 大学はそのあと中退
  • クレジットカード、残金不足で引き落とされない(3回以上経験あり)
  • 1泊のイベント。運営から連絡来なかったけど現地までいく

 

ああ。自分にため息が出ます。

これはおそらく、個人の性格・性質が影響するのだと思います。

 

言い訳っぽいですが、僕は僕なりに計画してるつもりなんですね。

 

参考までに、僕が過去に受けた有料の自己診断結果をみてください。

こちらが僕の強みTOP5。

f:id:agu-agu:20180710185156p:plain

みた感じ、「活発で学びたいことにポジティブ」ですね。

 

で、こちらが弱みワースト5。

f:id:agu-agu:20180710185237p:plain

まとめると、「先のこと考えない。慎重にやることはない。」です。

 

「なぜ計画性がないか」についてはこれ以上考えてもしょうがない気がしてきました。

 

検証②計画性がないと困ることは??

f:id:agu-agu:20180520143302j:plain

計画性がなくても困らなかったら、問題にならないわけです。

冒頭でも軽く書きましたが、これまでのトラブルを思い出してみました。

 

  • 大学中退する前に3ヵ月以上酒びたりだった
  • ダブルブッキングや締め切りを守らず知人に迷惑をかける
  • 時間がない
  • お金がない

 

いくらでも出てきそうなのでここでやめておきます。

この機会に僕は全てを改めなければいけません

計画性がない人はどうすればいい?考えてみた

と言うことで主題の、計画性のなさを改善する方法に移ります。

考えた結果、まず「計画」とは何かを考える必要があると思いました。

 

「俺、計画性がないんだよね。気をつけなきゃ」じゃ何も変わらないからです。

と言うことで、真剣に「計画」とは何か考えました。

「計画」をバラバラに分解してみた。

次に、計画性とは具体的にどんなことか考えました。

ちなみに、「計画」の定義は以下の通りです。

 

事を行うにあたり、その方法手順などをあらかじめ考えること。

三省堂 大辞林

 

計画とは、次の順番で行われると思います。

  1. やることの発生
  2. やるかどうかの判断
  3. 段取り(どうやるか)
  4. 締め切り設定(いつまでにやるか)
  5. 実行(予定通り進められるか)

 

計画性のある人はこれを自然とできる人ではないでしょうか?

逆に、このどこかでつまづくと何か問題が怒るはずです。

 

具体例をあげます。

計画性が正直にあらわれる、夏休みの宿題から読書感想文を取り上げます。

 

良い例)計画性のある少年A

  1. 先生「夏休みの宿題だよ!感想文書いてね!」→やることの発生
  2. 少年A「先生怖いし絶対やらねば」
  3. 「先に本決めるために図書館行こう。そのあと書くよね。清書もしなきゃ」
  4. 「感想文は7月中にやろう。明日図書館行こうかな…(以下略)」
  5. 次の日「この本にしよう!」

→おそらく、この子はうまく行く感じしますよね。

 

悪い例)計画性のない少年B

  1. 先生「夏休みの宿題だよ!感想文書いてね!」→やることの発生
  2. 少年B「先生怖いし絶対やらねば」
  3. 「いつか絶対やるぞ!とりあえず友達きたしゲームやるか」
  4. 「あれ、もう夏休み5日しかないや」
  5. 「間に合わないいいいいい」

→こんな同級生、周りにいませんでしたか?もしくは自覚あります??

この少年は3.の段取りでつまづいてますね。

 

徹底対策!!計画の段階ごとに、解法を考えた。

計画について、それぞれどうやったらうまく行くかを考えました。

 

1.やることの発生

そもそも、やらなければいけないことが多すぎるとパンクします。

解法①「仕事や課題が増えそうなモノから距離を置く」

僕も最近パンク気味なので、何かをやめることも考える必要がありそうです。

 

2.やるかどうかの判断

やることが降ってきても、他人に振ることもできますね。

解法②やらない勇気、人にお願いする勇気をもつ

思えば、自分も作業が進むときは人とやるときが多いですね。

 

3.段取り(どうやるか)

ここでつまづくことが多そうです。

何をやれば、その仕事が片付くのか。

今回「計画」をそうしたように、「仕事1つ1つ」を細かくするとやりやすいかもしれません。読書感想文もそうでしたね。

解法③やらなきゃいけないことを分解する。

具体的には、紙に書き出すなどがいいでしょうか。

 

4.締め切り設定(いつまでにやるか)

これについては、今日読んだ本が良かったので引用します。

 

「締め切りを設定していない作業」は、仕事とはいえません。

(中略)

デッドラインを設けても、守れない場合がある。これも仕組みで解決できる問題です。

(中略)

デッドラインを見える化するのです。

(『無印良品は、仕組みが9割』松井忠三 角川書店)

 

読んだ感じでは、「締め切りの見える化」は個人にも応用できそうです。

解法④締め切りを設定して、見えるようにしておく。

それだけで締め切りを常に意識できそうです。

 

5.実行(予定通り進められるか)

書いてて思いましたが、ここまでできてたら実行できる気がしてきました。

ここまできて、できないのは体調やトラブルが原因でしょう。

解法⑤体調を整え、余裕のある毎日を。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで、計画性のない私が改善計画を立ててきました。

 

まとめると…

・計画性がないと困る

・「計画」を分解して考えてみよう

・解決策は5つ

①仕事の発生を遠ざける

②やらない勇気

③仕事の分解

④締め切りの見える化

⑤健康管理でトラブルを避ける

 

しばらくしたらこれの効果が出たか報告しようと思います!!

 

あとがき

なんか、疲れました…

反省しながら書いてるので心がモヤモヤしております。

ただ、迷惑かけっぱなしはまずいので、これで改善したらいいと思います。

では、また次回!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です