専門学校をやめたい時は。つらい時・中退する前に考えてほしいこと

おはようございます、しみしょー です。

今日はちょっとだけ専門学校の中退の話をしようと思います。

僕も今専門学校に通っていて、すでに学校を辞めそうな人や辛そうな人を見ているからです。

専門学校は将来の職業が大体決まっていますよね。

その分、仕事について悩むかたが多いと思います。

  • 専門学校がちょっと合わない…
  • やっぱり大学に行きたかった…
  • 将来、今勉強している職業に就きたいと思えない…

そんな方に読んでいただければと思います。

つらい時にまずやってほしいこと

まず、今専門学校が合わない…と感じている人にやってほしいことがあります。

できればA4サイズの紙を用意してください。

スマホのメモ画面でもOKです。

それで、「今なぜ専門学校に行きたくないか」思いつくことを書いてみてください。

  • 授業がつまらない
  • やりたいことが他にある気がする
  • 友達ができない
  • 将来が不安
  • 人間関係(先生・家族・恋人)などが悪化している

色々あるのではないかと思います。

まず最初に大切なのは、本当に自分がなんで行きたくないのか把握することです。

専門学校って、自分の仕事=キャリアを学び・考える場所ですよね。

看護・医療事務・公務員・食品・パソコンスキル…

様々なキャリアがあると思います。

そのキャリア理論で1番最初に大切にされていることが、「自己理解」です。
自己理解、とは自分のことを知ることです。

まず職業や学校を選ぶ時や進路変更を考える時は、「自分のことを知ること」が大切なんですね。

今の思いを書き出してみて、それが自分だと受け止めてあげること。

当たり前のように思えるかもしれませんが、まずはそこから始めてみましょう。

専門学校を辞めるのは悪じゃない

色々と考えた結果、「辞める」という選択をする人も少なくないと思います。

実は僕も大学を中退しています。

で、ここで僕が伝えたいのが辞めることは悪じゃない、悪いことじゃないよということです。

日本の伝統的な価値観として「我慢」「忍耐」があります。
つらいことを我慢した先にこそ、成功やいい経験があるという考え方です。

もちろん常に楽な方向に進む人に成長はありません
でも、本当に自分が辞めたい・違うことをしたいと思った時に学校を辞めることは「我慢」すべきじゃないと僕は思います。

というのも、イヤなのに無理やり学校を続けていいことなんてないからです。

今の時代、選択肢なんていくらでもあります。

たまたま最初に選んだ選択肢が自分に向いていた、なんて人はそうそういませんよ。

辞める時は周りから色々言われると思います。

始めるのは簡単だけど、辞めるのは勇気いりますからね。

もしあなたが本当にやりたいことがあって、別の道へ進むのなら僕はそれを全力で応援します。

でも、ただ逃げているだけだと後悔する

最後に1つだけ。

中退が失敗する代表的な理由をお伝えします。

この理由で中退するのはオススメしません。

それは「〇〇がイヤだから」です。

辞める時に、イヤなことしか言えない人はどこに行っても文句しか言えません

「先輩が悪い」「先生が悪い」「将来性がない」「学生の質が低い」

色々とあると思いますが、マイナスの理由しか見ていないとうまく行かないケースが多いです。

もしあなたに「〇〇したい」「〇〇ができるようになりたい」という想いがあるなら中退もうまくいくんじゃないかな、と僕は思います。

 

さいごに

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

専門学校は、卒業後の職業がしっかり決まっています。

その点で悩む人は少なくないと思います。

自分の思いを再確認して、周りの人に相談して新しい道を見つけてもらえたらと思います。

★もしよければ僕のプロフィール記事などもぜひ読んでみてくださいね!

朝楽しく起きるために。しみしょー のプロフィール&経歴を全公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です